ブログ童話館アートメルヘン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ブログ童話館アートメルヘン  ルノアールとゴッホ「ゴッホと日本」

  
ブログ童話館アートメルヘン
  ルノアールとゴッホ

 

  


「ゴッホと日本」

浮世絵とゴッホの描いた浮世絵 

浮世絵とゴッホの描いた浮世絵

 

untitledcv.jpg 

浮世絵とゴッホの描いた浮世絵


ゴッホが活動していた当時のヨーロッパでは、

ちょうどジャポニズム(いわゆる日本趣味)が

隆盛を極めていたころであり、多くの画家や、

作家、詩人たちに大きな影響を与えていまし

た。


その様な時代でしたから、当然ゴッホと弟の

画商でもあったテオも、多くの浮世絵を収集

していました。特にゴッホは、画を描く上で

浮世絵から多くの影響をうけていたようです。

ゴッホの日本への憧れは相当なものだったよ

うで、ゴッホは油絵による浮世絵の模写も行

なっていました。


其の昔、ゴッホが、フランスの空の下から、

遠いまだ見ぬ国日本を憧れの想いを抱きな

がら浮世絵の模写していた事を思うと。日

本人としては何とも面映い気がするのでは

ないでしょうか。


ゴッホは、日本を愛してくれていたのです。


今では、ゴッホが日本を想ったように、多

くの日本人が、ゴッホの死後その価値を高

めた(ゴッホの作品が、鶏小舎の扉の補修

部材として使われていたのは有名な話です

)作品を観ては、不遇であったゴッホ

の生涯に思いを馳せるのです。

 

 

  

 

  

   

 

  

  

 

 

 


スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。