ブログ童話館アートメルヘン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ブログ童話館アートメルヘン ルノアールとゴッホ「ゴッホという人物」

  
ブログ童話館アートメルヘン
  ルノアールとゴッホ

 

  


 「ゴッホという人物」

 

 

ゴッホ作 ジャガイモを食べる人々


ゴッホの作品は彼が生きている間は、全くと言

っていいほど評価されることはありませんでした。

しかし、ゴッホの死後、ゴッホの作品は何故此処

までの評価をされるようになったのでしょうか。


 ゴッホの作品が、評価されるようになった理由

は幾つかあると思うのですが。そのうちの一つと

して、ゴッホの画と向き合う姿勢が挙げられるの

ではないでしょうか。たとえば、ゴッホの初期の

作品に「ジャガイモを食べる人々」という作品が

有りますが、ゴッホは、この絵の向こうに何を見

ていたのでしょうか。その辺りを考える事によっ

て私は、きっとゴッホの真の人物像のようなもの

が浮かび上がってくるのではないかと考えていま

す。


 ゴッホは、画家を志す以前には、世の中の底辺

で生活する人々に対して宗教的奉仕活動を行って

いた事もあります。しかしそれは、宗教関係者か

ら見てさえ、あまりにも純粋で熱心すぎるものだ

ったようなのです。


 その事からもわかるように、普通の人々から見

るとゴッホは、物事にあまりにも真っ直ぐに、そ

してあまりにも純粋に取り組むゆえに、うとまれ

る存在だったのではないでしょうか。しかし、そ

こでゴッホは妥協するということが出来なかった

のでしょう。私は、この辺りがゴッホの天才性を

現す一つと言えるとおもえるし、きっとその姿勢

は、画に対しても同じだったと言えるとおもうの

です。

 

 

  

 

  

   

 

  

  

 

 

 


スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。