ブログ童話館アートメルヘン

ブログ童話館アートメルヘン「由来に続く」

  
ブログ童話館アートメルヘン
「由来に続く」

  

 

  ブログ童話館アートメルヘン 「ゆらいに続く」


  

ブログ王ランキング   

 

 

「由来に続く」

  
由来でもお話しした通り黒澤映画のファンで、それこそ七人の侍などは

数え切れないほど観ています。そんなに同じものを観て飽きないのか、

と言われても。飽きないんですね、これが。(それだけ素晴らしい作品と

いう事でしょう。)それどころか、また七人の侍を観てみようとさえ考え

ています。


今回は、ちょっと気になる部分があるので、その部分をじっくりと観て

みようと思っています。それがどの個所なのかというと、若侍の勝四郎が

自分では失敗をしている事に気付かずに失敗をしてしまいます。その失敗

を勘兵衛が肩の部分を軽くついて窘めるという部分なんですが、軽く窘め

る勘兵衛も、窘められて素直に反省する勝四郎も、どちらも、とっても気

持が良いんですね。なんか、こおあるべきだろうと思うんですよね。

それに比べると

今の世の中、勘兵衛のように窘めようとすると、窘められて逆切れして

刀で切りつけて来る何ていう不埒者もいますので、ケガをさせら

れる
何ていう事になってしまいます。そんな馬鹿者の輩が本当にいる

のです。

そして、そんな者に限って自分で意図的に人にケガをさせておきながら

何の謝罪もせず治療費も払わずなどというバカ者なのです。

近頃このような、ろくでなしの輩が幅を利かせているようですので、

皆様もどうぞ、十分ご用心めされ・・・・。

 

 

Creators Collectionへ   

  

 

     

 

スポンサーサイト

PageTop