ブログ童話館アートメルヘン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ブログ童話館アートメルヘン ルノアールとゴッホ

  
ブログ童話館アートメルヘン
  ルノアールとゴッホ
 

  


 ルノアールとゴッホ

 

「ルノワール」    「ゴッホ自画像」


 ルノアールとゴッホの二人は、ほぼ同時代を生きた

偉大な画家です。しかし、ルノアールが晩年、リウ

マチ性関節炎に苦しめられながらも、1918年に78歳で

この世を去ったのに比べ、ゴッホは1890年に37歳とい

う短い命を自らの手で(自殺であるかどうかは謎です)

絶ったのです。


 ルノアールとゴッホ、二人の事を考えているとその

生き方、作品、ともに対照的なものを感じてしまいま

す。特にゴッホについては、生き方についての素朴な

疑問がわいて来るのです。


 例えば、ゴッホは自分も美術商として働いた経験があ

り弟も画商であったのにも関わらず生きている間に、

何故たった一枚の絵しか売れなかったのでしょうか?


 そして、ゴッホとルノワールの二人は何かしらの接

点のようなものがあったのでしょうか?


そして、もし、ゴッホが自らの命を絶つことがなければ、

はたしてゴッホは今のようなゴッホに成りえたのでしょ

うか・・・・




ピエール=オーギュスト・ルノワール。

彼は1841年2月25日にフランスに生まれている。

いっぽうヴィンセント・ヴァン・ゴッホは1853年3月30日

オランダに生まれている。

 

ルノワールは若いころには生活に困窮していたよ

うですが、ゴッホに比べると画を描くことを楽しみ生前から印

象派の画家として高い人気を博していました。

ルノワール作「イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢」

 

それに比べ いわゆるゴッホが悲劇の画家といわれる理由は、

ゴッホ自身が生きている間にはその画が評価される事は無く、

弟のテオが画商であったにも関わらず、生前に売れた画はたった

1枚だけであり、その死後、作品の評価が極めて高く

なったということによるでしょう。

 untitledbb.jpg

ゴッホ作「ひまわり」


この偉大な二人の画家の作品、及び生涯を対照する事により、

画を描く事とは、という事を少し書いてみたいと思います。  

Creators Collectionへ  

 

 

 

  

   

 

  

  

 

 

 


スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。