ブログ童話館アートメルヘン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ブログ童話館アートメルヘン  ルノアールとゴッホ  「ルノアールとゴッホが描いた絵」

  
ブログ童話館アートメルヘン
 ルノアールとゴッホ

 「ルノアールとゴッホが描いた絵」
  

「ゴッホ作 ひまわり」


ルノアールの描いた絵とゴッホが描いた絵を比べて観ましょう。

すると、或ることが分かってきます・・・・。

それは、絵の持っている性格のようなものです。

ルノアールの描いた絵からは、幸せ感や、自由さ、のびやかさ、

のようなものを感じ取ることが出来ます。

一方、ゴッホの絵から感じられる事は、孤独感や純粋さや、

ぎこちなさ、のようなものです。

 ルノアールの絵の描き方は、絵の向こう側にいる

購入者の事を或るていど意識して、幸せ感や、自由さ、

のびやかさ、等を描いているのかもしれません。

職業的絵描きであれば仕方ない事ですが、穿って言えば

其の事に媚のようなものを感じる人もいるかもしれません。


 それに比べてゴッホの絵からは、購入者を意識した感

覚はあまり感じられません。悪く言う人は本当に売れる

事を願っていたのだろうかと思えるほどです。しかし、

作家として見れば絵に対する探求心のようなものを感じる

事でしょう。

 果たしてルノアールが良くて、ゴッホは駄目な人間だったの

でしょうか。たしかにゴッホの絵は、生きている間に一枚しか

売れませんでした、きっと、当時ゴッホを認めなかった人たち

の中には、そお言う事が含まれていたのでしょう。


しかし、良くも悪くも二人は偉大な芸術家で有った事に間違

いは無いのです。結局のところ芸術家にとって絵描きとして、

優等生であったとか駄目であったとかは、全く関係のない事

なのです。ルノアールは良い職業的絵描きでもあって、

ゴッホは破滅的な作家的絵描きであったという事なのです。

 にほんブログ村へ

 

「ルノアール作 シャルパンティエ夫人と子どもたち」

 

 

  

  

   

 

  

  

 

 

 


スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。